効果的な水分補給方法について考えてみよう

夏になると毎年気をつけなければならないのが熱中症です。
そして、熱中症対策として最も効果的とされているのが水分補給です。
夏に関わらず水分補給はとても大切なことなので、効果的な水分補給方法について考えてみましょう。

まず、水は最低でも1日1リットル以上の摂取が必須です。
人は1日に数リットルという水分を排出しています。
汗や尿として排出される量は季節や運動量によって異なりますが、呼吸でも水分は放出されているので、最低でも1日1リットル以上は水分を摂取することが推奨されています。

その際、冷たい水での水分補給は極力避けましょう。
真夏になると冷えたものを飲む機会が増えますが、体が冷えると夏バテや胃に負担をかけることになります。
とは言え、夏は冷たいものが欲しくなるものなので、極力冷たいものを減らせるように努めましょう。

そして、水分は小まめに摂取することです。
水分補給は1度にたくさん飲めば良いわけではなく、実は水分の取りすぎも体に害といわれています。
大切なのは、少量ずつ取り入れて排出することです。
夏は喉が渇いてからではなく、喉が渇く前に水分補給しましょう。
健康でい続けるためにも、水とは上手に付き合っていきたいものですね。銀行カードローン 消費者金融

効果的な水分補給方法について考えてみよう